教育ではなく、開学

私は、世の中を大きく2つに切り分けて観ている。

開学とそうでないもの。

開学と対立する概念をあえて挙げれば教育。

それゆえ、私は学校づくりを志しているが、教育家とは称してはいない。

開学家と称している。

教育ではなく、開学

これが、私が世の中を変えるために掲げているコンセプトだ。世界観とも言える。

教育とは、教えて育てること

開学とは、学びを開くこと

教育は、相手を受動的な存在として扱う。

開学は、相手を能動的な存在として扱う

教育では、先生が生徒を教えて育てる。

開学では、先生が生徒の学びを開く。(ほんとうは、先生にも生徒にも新しい呼び名を付けたいのだが、いまはまだない)

教育と開学の違いを経営学の世界で例えれば、ダグラス・マクレガーのX理論・Y理論が挙げられる。

X理論の人間観を前提とするのが、教育。人は強制や命令がないと学ばないという前提に立っている。

Y理論の人間観を前提とするのが、開学。人は強制や命令がなくとも、自発的に学ぶという前提に立っている。

心理学の世界では、アドラー心理学が開学と親和性を持っていると考えている。

教育学の世界では、福沢諭吉のこの言葉がすごく気に入っている。

「学校は人に物を教うる所にあらず、ただその天資の発達を妨げずしてよくそれを発育するための具なり。教育の文字ははなはだ穏当ならず、よろしくこれを発育と称すべきなり。」

いずれにせよ、私は、世の中を大きく2つに切り分けて観ている。そしてこの切り口を持ってして、教育の世界を変えたいと思っている。

また、それは同時に企業における人材育成の世界を変えることでもあると信じている。

とはいえ、アンドシング株式会社の定款の事業目的には、開学という言葉はどこにも見当たらない。定款を認証してもらうために、教育とか、育成という言葉を使っている。いま振り返ってみれば、ひよってしまった感が否めない。認められるために合わせに行ってしまっている。情けない…

このブログやホームページの中にも、教えるとか、育てるとかの言葉が安易に混じり込んでいる。先生と生徒という言葉もまだ再定義できていない。悲しくも辛くもあるのだが、ある意味、やむを得ないとも思っている。

開学というコンセプトは、まだまだ生まれたばかりなのだ。

このブログを読まれた方は、よーわからんなー、という気がするかもしれませんが、どうかご容赦ください。

まずは『開学』という言葉だけでも、頭の片隅に留め置いていただけますと幸いです。

また、もし『開学』のコンセプトにひっかかりそうな実例や理論やビジネスなどがあれば、ぜひ教えてください!

『開学』で教育の世界を変えたい

心よりそう思っています。

TAKU &sing

6年間かけて人を育てるということ

次世代リーダー輩出には何年かかるのか?

兵庫県にある灘中学校・灘高等学校では、一人の先生が6年間かけて同じ生徒を教えるらしい。どうやらクラス担任は変わるが、教科担任は変わらないということのようだ。つまり、例えば国語の先生であれば、その先生が、今年入学してきた生徒を6年間かけて育てるということになる。

この話を聞いて私は、えっ!?とビックリした。私の過去の経験では、毎年担任の先生が変わるのが”普通”だったからだ。

6年間も同じ先生に国語を教えてもらうの?それ、つまんない先生やったら最悪やん!6年間やろ?絶対苦痛や…と。

これ、生徒の立場からの感想ですね。しかも、先生の授業はつまらないというのが前提。先入観。

次に思ったのは、親の立場からの感想。

そりゃ、いい先生やったらいいけど、もしイマイチな先生やったらどうするんやろ?先生を変えてください、なんて言えるんやろうか?と。

すると思ったのは、生徒を受け持つ教科担任の立場からの感想。

6年間かけてこの子たち(新入生たち)を育てる。すごい責任や。下手な授業はできへん。その場しのぎもできへん。6年間かけてこの子たちの能力をどこまで引き上げるか?どうやって引き出すか?親に対しての責任もあるが、一人一人の子どもたちに対する責任はすごく大きい。教えるとは?学ばせるとは?しっかり考えて実行せねば、と。

そして、校長、あるいは学園長の立場からの感想。

6年間かけて責任もって生徒たちを育ててくれる教師をどうやって採用するのか?6年間という長期にわたり生徒と向き合う責任を果たしてもらうために、教師をどうモチベートするか?いやいや、そもそもそんな長きにわたる利他的な取り組みにどんな使命を感じてもらうか?と。

最後に、私がもし教師だったらこんな気持ちで生徒と向き合うだろうな、と想像したのは次のようなことだ。

私が受け持つこの生徒たちは、世界を変える人になるかもしれない

そのような人にならないと誰が言えるだろうか?

生徒たち一人一人にその可能性がある

その可能性を開くか開かないかは私にかかっている

私は6年間かけて、その可能性を最大限に引き出す

たった私一人の、たった6年間が、世界を変える人たちを生み出す力になるかもしれない

自分を信じ、生徒たちを信じ、6年間かけてまだ見ぬ新しい世界へ行こう!

なんて、ことを考えるのではないか、と思いました。

次世代リーダー輩出には何年かかるのか?

おそらく6年以上はかかるでしょうね。

私もせめてそのくらいの覚悟は持って学校づくりに取り組まねばと想いを新たにしました。

また、これまで6年間以上にわたり私を育ててくれた両親や祖父母はもちろんのこと、仕事などを通じて関わっていただいている諸先輩の方々に、心よりお礼申し上げます。

つねに高い視座、広い視野、そして長い時間軸を忘れずに、人生に、事業に、学校づくりに、そして次世代リーダー輩出にしっかりと取り組んで行きたいと思います。

TAKU &sing

家族への愛

リーダーが一番大切にしたいものは何か?

それは人それぞれだろう。

私にとって、それは”家族の幸せ”である。

これは、私の実感にもとづくものであり、かつ、祖父の笑顔から感じたことである。

土肥家では、毎年、お正月に祖父の家に集まっていた。一堂が集まった席で、祖父が年始の挨拶をする。その挨拶の内容は、毎年毎年同じ内容だった。

その内容は、概ねこんな内容だった。

「私と祖母の二人で始まったこの家族も、今年で20人になりました!息子たち、娘たち。その孫たち。そしてひ孫たち。昨年はいろいろあったけど、今年もこうして無事に新年を迎えることができました。ありがとう。今年もそれぞれ元気で健やかに一年を過ごしましょう」

ものすごく他愛のない内容だ。でも、私にとっては、ものすごく重要な内容だった。いや、ものすごく重要な光景だったのだ。

祖父は会社の創業者であり、社長であった。父が社長を継いだ後は、会長だった(と思う)。私にとって祖父は、「会社の創業者たるもの、会社の社長たるものかくありなん」というロールモデルであった。その祖父が、毎年毎年同じことを言うのだ。しかも、ものすごく嬉しそうに。幸せそうに。語るのだ。

私は、その祖父の姿を見て、こう思った。

会社の創業者が一番大切にしたいものは、家族の幸せなんだ、と。

そこに理屈はない。祖父の姿、表情、声のトーン。毎年必ず繰り返される言説。そこから、私が無意識に感じたことだ。

祖父は家族一人一人の幸せを心から願っていたのだろう

自分のことよりも、自分以外の人のことを大切に想う人であった。いつも、相手のことを気遣う人であった。

大学生の頃だったろうか。就職した頃だったろうか。私は祖父と祖母に宛てて手紙を書いたことがある。

私は祖父と祖母が好きだ。何より二人の笑顔が好きだ。私も祖父と祖母のような家族を創りたい。いつも笑顔に溢れる家族を創りたい。

こんなようなことを書いたと記憶している。

よくよく考えてみたら、会社の創業者がみな同じ想いを持っているかどうかはわからない。そりゃそうだ。家族が一堂に会する席で、その人がいつもいつも何を言うかなんてことを見る機会はない。

私の祖父は、世の中全体から見れば、1つのサンプルに過ぎない。世の中には、会社の創業者はたくさんいる。だから、会社の創業者が一番大切にしたいものが何かを統計的に言いあてようとするなら、一定以上のサンプルを集めて調査、分析する必要がある。

しかし、私にとっての祖父の存在は、1つのサンプルではない。唯一絶対の存在である。そして、その姿、その光景から、おそらく一生揺るがないであろう信念を形成している。

私が一番大切にしたいものは、家族の幸せである

自分にとってほんとうに大切な人が、ほんとうに大切にしているもの。

それが結局は、自分が大切にしたいものになるのではないでしょうか。

人は大切な人から大切なものを学ぶ

私はそんな風に感じています。

あなたが一番大切にしたいものは何ですか?

TAKU &sing

余人をもって代えがたし

祖父は戦争には関わったが、戦場には行かなかった。

通信技術者であった祖父は、終戦まで召集されることなく、満州や日本の通信網の整備に駆け回っていたそうだ。

周りの人たちが次々と戦場へ召集されていく中、祖父が召集されなかった理由は次の一点だったらしい。

余人をもって代えがたし

私は、この言葉を何度も何度も祖父から聞かされて来た。

子どもだった私は、「そうか。将来、自分が戦場に召集されないためには、他の人にはできない何かを身につけておかないとダメなんだな」と思っていた。

だが、大人になっていくにつれ、わからなくなった。

余人をもって代えがたし

とは、どういうことなのか?

人は誰しも、余人をもって代えがたし存在である。

にも関わらず、あえて余人をもって代えがたし存在になるとは、どういうことなのか?

私は公認会計士だ。公認会計士の資格を取れば余人をもって代えがたし存在になると思っていた。たが、いざ公認会計士になってみると、日本には3万人以上の公認会計士がいる。職業人の数という点から考えると、果たしてこれで私が余人をもって代えがたし存在と言えるのか?

日本の中で、世界の中で、唯一無二の存在になること。ナンバーワンを目指すこと。それはそれで大切なことだ。だが、唯一無二でなければならない、ナンバーワンでなければならない、と思い込むことは、自分を見失うことになるのではないか?あるいは、他人を過度に見上げたり見下げたりすることになるのではないか?

余人をもって代えがたし

いまだ答えはわからない。

だが、大切なことは、”誰から見て”余人をもって代えがたし存在となるか?だろう。

自分から見れば、自分自身は当然のごとく代えが効かない。両親から見ても同様。

では妻から見たらどうなのか?

子どもたちから見たらどうなのか?

地域の人たちから見たら?

会社の人たちから見たら?

国家から見たら?

地球から見たら?

facebookの友達から見たら?

我以外皆我師也

リーダーとは、この世界の中で、いまの時代の中で、その持ち場、持ち場ごとにいる、余人をもって代えがたし存在である、と思います。

TAKU &sing

ババちゃん貯金

祖父からビジネスについて教えてもらったことはないが、お金の使い方について学んだことがある。

どのようにお金を使えば、みんながハッピーになるか?

私は、”ババちゃん貯金”と呼ばれたお金のシステムから、多くのことを学んでいる。いまだにわからないこともある。そのシステムを考案した祖父の心をずっと考え続けている。ちなみに、ババちゃんとは、祖母のニックネームである。

ババちゃん貯金の仕組みはこうだ。この仕組みの中心には貯金箱がいる。私の貯金箱は、黒色の古い電話機のデザインだった。

1. 子どもは、家のお手伝いをする

2. お母さんは、お駄賃を渡す

3. 子どもは、お駄賃を貯金箱に入れる

4. 子どもは、一年間、貯金箱を開けずに我慢する

5. 子どもたちは、ババちゃんの誕生日に祖母の家に集まる

6. 子どもたちは、祖母の前で、その貯金箱を開ける

7. 子どもたちは、その貯金箱に入っているお金の金額を祖母に申告する

8. 祖母は、その貯金箱に入っているお金と同額を子どもにあげる

9. 子どもたちは、貯金箱に入っていたお金と祖母からもらったお金を手にする

10. 貯金箱は再び閉じられ、また一年間、開かれずに佇んでいる

流れとしては以上である。

まず、子どもだった私は、「自分が働いたらお金をもらえ、さらにそれが2倍になって返ってくる」という経験をしていた。それも毎年。たしか小学生の頃はずっとだったと思う。2倍になって返ってくる、というのは子ども心にとって相当刺激的だった。もし貯金箱に1万円が入っていたら、2万円になるのである。頑張るに決まっている。一方で、一年間、貯金箱を開けずに我慢するという忍耐力も身についた。

だが、この仕組みが秀逸だったのは、みんながハッピーになることだった。

子どもにとっては、お手伝いをしたら親に褒められ、お金をもらえ、しかもそれが2倍になって返ってくる。

母親にとっては、子どもに家のお手伝いをしてもらえる。最終的に祖母もお金を出すので、お駄賃は少なくても、いい。子どもに貯金の習慣も身につけさせることができる。

祖母にとっては、自分の誕生日に、必ず子どもたちが会いに来てくれる。しかも毎日、子どもたちが母親のためにお手伝いをして喜んでいる姿を想像して喜べる。また、子どもにお手伝いをしてもらって喜んでいる母親の姿を想像して喜べる。

最後に、このシステムを考案した祖父だ。この状況を見て、祖父が何を感じていたのかはわからないが、家族みんなが家に来て楽しそうにしている姿を見てすごく喜んでいた。

私がこのシステムを通じて学んだことは他にもある。特に大きいのは、自分に不正をしようとする心があることを知ったことだ。自分で貯金箱にお金を入れてしまえば、それと同額が一年以内に返ってくるのだ。こんな簡単にお金が手に入る方法が目の前にあって、それでも我慢する、というのはなかなか大変なことだ。これについては、またどこかで触れてみたいと思う。

どのようにお金を使えば、みんながハッピーになるか?

リーダーとして、お金の使い方を考える上での一つのヒントになれば幸いです。

TAKU &sing

ツモったら必ず捨てる

麻雀の手牌は、13牌である。

アガる時だけ、14牌になる。

ゲーム中は、1牌ツモったら、必ず1牌捨てなければならない。

「サンシキとイッツウの2兎を追いたい」からと言って、牌をガメル訳にはいかない。必ず1牌捨てなければならない。

祖父は言っていた。

麻雀は決断力を養うゲームだ、と。

ゲームに参加する4人に対して、牌は平等に配られ、与えられる。手牌やツモがいい時もあれば、悪い時もある。

たとえどんなに悪い状況であっても、牌はツモらなければならないし、そしてツモったら必ず牌を捨てなければならない。3人がリーチしていて、自分の手牌が悪い時でも、必ず牌を捨てなければならない。当たられる可能性は高い。それでも牌を捨てなければならない。逃げることはできない。

経営も同じだ。

誰しもに、いい時と悪い時が訪れる。手牌がめちゃくちゃ悪い時もある。他人がすごくツイテいて、自分が全くツイテいない時もある。それでも尚、たとえ苦しくとも、牌をツモる。そして捨てる。

とにかくゲームを止めないこと。戦況に応じて最前を尽くすこと。たとえ一歩ずつであっても、自分の状況を好転させ続けること。

たかが麻雀。されど麻雀。

私は麻雀をやるたびに、祖父のことを思い出します。

あなたにとって、決断力を養うゲームは何ですか?

TAKU &sing

被選挙権

文句があるなら、自分で行動せよ。

祖父は、そのことを被選挙権の話をしながら教えてくれた。

選挙権は、国民一人一人に与えられている。その権利を行使しないということは、国から何をされてもいいと認めたことになる。だから、選挙には必ず行け。いい政治家がいなければ、候補者の中でもっともマシな人に投票しろ。政治のことは、政治家に任せないといけないのだから。もしマシな人もいなければ、白票を入れろ。私はいまの政治家を認めていません、という意思を表明せよ。選挙に行かず、投票もしないというのは、自分の権利を放棄することだ。自分の自由を放棄するこだ。必ず、選挙には行け。

とは言え、それでもなお、どうしても今の政治に我慢できない時があるかもしれない。文句を言いたい時があるかもしれない。その時には、自分で行動することだ。自ら立候補して政治家になることだ。そのために、国民一人一人には被選挙権が与えられているのだから。もしそうしないのであれば、大人しく政治は政治家に任せることだ。政治を政治家に任せられないくらいに我慢できないのであれば、自らが政治家として立ち上がることだ。

どんな時にも必ず道はある。

文句があるなら、自分で行動することだ。

祖父のこの教えは、私の思考の範囲を大きく広げてくれた。困難にぶつかった時の”よりドラスティックな乗り越え方”を教えてくれた。

社会に文句があるなら、自分で社会を変えよ。

会社に文句があるなら、自分で会社を起こせ。

学校に文句があるなら、自分で学校を創れ。

文句があるなら、文句を言われる側に立ってみろ。文句を言わせないくらい素敵な世界を創ってみろ。自分の立ち位置を180度変えてみろ。

文句があるなら、自分で行動せよ。

私は、いまの学校に文句があるから、自分で学校を創ります。

TAKU &sing

自分に嘘をつかない

ゴルフボールを林の際に打ち込んでしまった時。誰も落下点を知らない。ギリギリOBでないと言い張るか、いさぎよくOBだと認めるか。

林の中でゴルフボールを打とうとして空振りした時。周りに人はいない。これは素振りだと言い張るか、素直に空振りだと認めて1打カウントするか。

私が小学生の頃、祖父はゴルフを例にとって、リーダーとしての在り方を教えてくれた。

誰も見ていない時に、自分に嘘をつくな

たとえ他人が気づかなかったとしても、自分は自分が嘘をついたことを知っている

一度ついた嘘は消えることがない

自分を偽ってはならない

自分の実力を過大に見せようとしてはいけない

自分に正直であれ

祖父は、嘘をついたら損をする、という言い方はしなかった。あるいは、嘘をついたらいずれはバレる、という言い方もしなかった。

損得勘定ではない。お天道様が見ている訳でもない。

祖父が言いたかったことは、自分の心を大切にせよ、ということだったのだろう。

心の健康

自分の心を曇らせない。

自分の心をつねに綺麗な状態に保つ。

そのために、自分を律する。

リーダーとして、いつもそのようにありたい、と思っています。

TAKU &sing

鶏頭牛尾

私がリーダーになるために、最も影響を受けた言葉。

鶏頭牛尾

進学する時、就職する時、独立する時。あるいは、道で困っている人を見かけた時、道に落ちているゴミに直面した時。ありとあらゆる局面で、この言葉を念頭において、道を選んできた。

鶏頭か?牛尾か?

自発的か?受動的か?

やるのか?やらされるのか?

つねに鶏頭になる道を選んで来られたのかは、わからない。

でも、つねに鶏頭になる道を選ぼうとはして来た。

リーダーになるためには、まず何よりも自らが「つねにリーダーとしてある!」と決意している必要がある。

松下幸之助さんも、こう言っている。

(ダムをつくりたければ)「ダムをつくろうと思わんとあきまへんなあ」

創造の源は自らの強い想いである、ということなのだろう。

鶏頭牛尾

私にとってこの言葉は、私が「つねにリーダーとしてある!」という決意を現実世界で実現していくための重要な行動指針となっている。

やるか?やらないか?

自らの進むべき道を選ぶ時。

あなたは何を指針に判断しますか?

TAKU &sing

学びの原点

リーダーが真に学ぶべきことは何か?

次世代リーダー輩出のための学校(学びの場)の形成に向けて、まずは私自身が誰から何を学んで来たのかを振り返り、それらを書き綴っていくことにする。

私がリーダーになるために、もっとも影響を受けたのは祖父である。祖父は、戦後に会社を興した起業家であった。

私は、リーダーとして大切なことの大部分を祖父から学んだ。

その中でもっとも影響を受けた言葉が次の言葉だ。

鶏頭牛尾

大きな組織のシッポになるくらいなら、小さな組織のアタマになれ!

この祖父の言葉は、僕が小学生の頃から、いまに至るまで、ずっと身体の中に染み渡っている。おそらく死ぬまでずっと染み渡り続けるだろう。また、その想いを子供たちにも伝えていきたい。

何らかの選択に迫られた時。

挑戦するか? 妥協するか?

ほんの小さな選択の積み重ねが、いずれは大きな大きな道の隔たりになっていく。

鶏頭か? 牛尾か?

毎日毎日。一歩一歩。

つねに鶏頭となる道を歩んで行こうと思っています。

TAKU &sing