「ごく身近にいるリーダー」と「そうでない人」の微妙だけど大きな違いについて

「こちら、どうぞ〜」と笑顔で手を上げながら、レジを開けるコンビニの店員さん。

いつも「いいな〜」と思う。

一方で、レジにどんなに人が並んでいたとしても、何か別のことを黙々とやっている店員さんがいる(知ってか知らずかはわからないが)。

こういうことって、日常のそこかしこである。

オフィスのトイレに入った時、「おはようございます!」と明るく声をかけてくれる清掃員さんもいれば、ただただ無言で作業をしているだけの人もいる。

家に荷物を届けてくれる配達員さんもそう。扉を開けた時、「こんにちは!」と元気に声をかけてくる人もいれば、さっさと荷物を渡して帰ろうとする人もいる。

自ら率先して声をかけ、行動する人は、なぜか仕事もテキパキしている。声は明るく、目も明るい。

逆に、無口で下を向きがちな人は、心なしか仕事も緩慢に見える。背中は暗く、目も合わない。

この違いは何だろうか?

当然ながら、仕事の内容に違いはない。おそらく勤務条件も給与水準も大きくは違わないだろう。

場所も関係ない。たとえ、同じコンビニ、同じトイレ、同じトラックであったとしても、人が違うだけで対応が異なることがある。

だとすれば、違いを生むのは、その人自身。

その人自身が持っている何か。

それもスキルやノウハウというような小難しいものではなく、頭の賢さでもなく、いわば心構えのようなもの。

「自ら率先して声をかけ、行動する人」は、その前提として、「自ら率先して声をかけ、行動しようという心」をつねに構えているのだろう。

だからこそ、つねにアンテナが立っている。自分の周りの環境やそこにいる人たちの状況や変化を察知することができる。

困っている人がいれば、気づいてヘルプに動く。あるいは、これから人が困りそうな状況があれば、早めに気づいて対処する。

仮に困っている人がいなかったとしても、「こうした方が嬉しいかな」「安心するかな」「居心地いいかな」と相手のことを気遣う。

だからこそ、いまやっていることをいったん止めてでも、自ら率先して声をかけ、そして行動するのだろう。

「自ら率先して声をかけ、行動しようという心」をつねに構えている人は、アンテナもつねに外向きに開いている。

もちろん、アンテナの届く範囲やアンテナで察知する早さは人それぞれ。

アンテナの届く範囲が、半径数メートルの人もいれば、半径数百キロメートルに及ぶ人もいるだろう。

アンテナで察知する早さも、いまを察知する人もいれば、数十年先までを察知する人もいるだろう。

だが、どちらにせよ重要なのは、「つねにアンテナが外向きに開いているかどうか」ということ。

どんなに範囲が小くても、察知が遅くてもいいから、せめて外向きのアンテナだけは立てておきたいものである。

そのためにも、「自ら率先して声をかけ、行動しようという心」をつねに構えておきたいものである。

どっひー &sing

自分の考えよりも他人にどう思われるかの方を優先してしまう人へ

ある大学生がこんなことを言っていた。

自分がやっていることは正しいのか?これからやりたいことは何か?と自問自答を繰り返す学生は多いですが、現代では自分の考えよりも他人にどう思われるかの方を優先してしまう人の方が多いように思います。

この言葉を聞いた時、私はこう思った。

「これって、学生だけじゃなく、大人もそうなんじゃないの?」と。

自分の考えよりも他人にどう思われるかの方を優先してしまう

もちろん、「他人にどう思われるか」は大切だ。「他人にどう思われるか」を考慮せずに、「自分の考え」だけを押し通す人は、ただのわがままな人に過ぎない。単なる好き勝手な人に過ぎない。「他人にどう思われるか」を考慮することは必要不可欠だ。

問題はその順序にある。

まず「自分の考え」があって、「他人の考え」がある。あるいは、「自分がどうしたいか」があり、それに対して「他人にどう思われるか」がある。

「自分の考え」や「自分がどうしたいか」がないままで、「他人の考え」や「他人にどう思われるか」ばかりを気にしていたら、自分がどんどんしぼんでいく。

自分がどんどん空虚になっていく。

自分がどんどんわからなくなっていく。

「他人の考え」を受け入れる力や「他人にどう思われるか」を考慮できる力は、とても素晴らしい力だ。他人から学ぶ力。他人に配慮する力。それはそれで大切な力である。

だが一方で、「自分の考え」を形成する力や「自分がどうしたいか」を自覚する力は、それ以前に重要な力だ。

これは、自分が自分の人生を生きるために、もっとも根幹になる力だからだ。

この根幹になる力がなければ、いつのまにか自分の人生が他人の言いなりの人生になりかねない。

自分の頭も体も心の中も、いつのまにか(無分別に)「他人の考え」や「他人の目」に侵され、支配されかねない。

自分が自分の人生を生きるためには、自分の根幹になる力をしっかりと打ち立てていく必要がある。

自分がやっていることは正しいのか?

これからやりたいことは何か?

この自問に対して「自分なりの答え」を得るために必要なことは、

「自分の考え」をしっかりと形成してくこと。

「自分がどうしたいか」をしっかりと自覚していくこと。

難しく考え込む必要はない。自己分析をする必要もない。

まして、どこかに何かを探しに行く必要もない。

すでに自分の中にあるものに光を当てればいい。

すでに自分がやっていることに光を当てればいい。

囚われているものを解放することだ。

大きく自分を解放することだ。

自分の根を張り、自分の幹を育てていくことだ。

どっひー &sing

「yu-kaと凸凹フレンズ」初ライブのご案内

今週8月4日土曜日に神戸で、応援ソングライターのyu-kaさんが「yu-kaと凸凹フレンズ」としての初ライブを開催します。

ライブはなんと、“Pay What You Want(PWYW)”方式。
「この場での五感を含む感じたことやyu-kaへのこれからの期待に対して、きてくださる方自身がお金として払いたい分だけお支払いくださればと思います」とのこと。

神戸にお住まいの方、あるいはその日、神戸方面に行く用事のある方がいらっしゃいましたら、ぜひ足を伸ばしてyu-kaさんの素敵な歌声を聴きに行っていただければと思います。


ちなみに、こちらのyu-kaさんに関する記事。2018年1月時点のものですが、この記事の最後にはこう書かれています。

私は趣味で、発達障害について表現した曲を作り、ピアノで弾き語りをしています。仕事に限らず、そんな小さな「自分だからできること」を見つけて、誰かの役に立つことが出来たらと思っています。それがゆくゆくは、自分らしく生きる道を広げてくれると信じています。

誰かの役に立ちたくて、「自分だからできること」を考えた。発達障害のある私が見つけた自分を活かす働き方

あれから約半年経った今。yu-kaさんは、以前務めていた会社を退職して独立し、応援ソングライターを仕事としながら、その活動の幅を大きく広げようとされています。

*以前、yu-kaさんの活動をご紹介させていただいた「学ぶログ」の記事はこちら。
「一人一人違うからこそいい」「がんばるあなたを曲で後押ししたい」

yu-kaさんと凸凹フレンズがいま目指しているのは、500人規模の凸凹ライブ!
(この記事で使わせていただいている画像は『Yu-Kaと凸凹フレンズ」のロゴで、凸凹フレンズのお一人、あかりんさんの作品です)

そして今回の初ライブは、その500人規模の凸凹ライブ実現に向けた活動の第一歩となります。

そんなyu-kaさんと凸凹フレンズの想いがたくさん詰まった歌の数々。

ぜひ一度、生で聴いてみていただければと思います。


『Yu-kaと凸凹フレンズ ~みんなで創ろう!初ライブ~』
日時:2018年8月4日(土)18時〜21時
場所:はっぴーの家ろっけん(兵庫県神戸市長田区二葉町1-1)

詳細は、facebookページ、またはこくちーずプロのイベント案内をご確認ください。
*facebookページのイベント案内
https://www.facebook.com/events/250977145678660/

*こくちーずプロのイベント案内
https://www.kokuchpro.com/event/yu_kafriends/

働き方を変えたければ、値札を変えよ

以前、ある個人事業主の方からこんな相談を受けた。

「働いても働いても生活が楽にならないんです」

「忙しいのにお金が足りないからまた働く。そしたらまた忙しくなる。なのにお金は残らない。まさに働けど働けど暮らし楽にならず…」

「どうしたらいいんでしょうか?」

私は、その方に尋ねた。

「〇〇さんの希望する月収はいくらですか?」

その方はこう答えた。

「50万円です」

その方の収入源となる仕事の種類は3種類。

仕事の種類ごとにおおよその月収を聞いてみると、どう考えても希望月収には到達しない。

一方で、それぞれの仕事にかかる時間を聞いてみると、どう考えても暇がない。

私の見たところ、その方は「計画通り」忙しく、かつ、希望月収を実現していない、という状態にあった。

言い換えれば、いまのやり方を続けている限り、いつまでも希望月収には到達しないし、いつまでも仕事で忙しいままである、ということだ。

働けど働けど暮らし楽にならず。貧乏暇なし。

特に、問題だったのが値札。

自分の仕事に関する値付けが安すぎる。

私は聞いた。

「なぜこの仕事の単価は、この値段なんですか?」

「この単価を倍にすることはできませんか?」

その方はこう言った。

「考えたこともなかったです…」

「単価を倍にするなんてこと。私にできるのでしょうか?」

問題は、「できる」か「できない」かではない。

「やる」か「やらない」かである。

その方の場合、限られた時間の中で、「どうしても希望月収を実現したい」のであれば、単価を上げるしかなかった。その上で、上げた単価に見合うだけの価値を提供するしかなかった。

もし単価を上げることに取り組まないのであれば、希望月収を下げるか、寝る間を惜しんで働くかしかない。

問題は、「できる」か「できない」かではない。

「やる」か「やらない」かである。

働き方を変えたい時。

時には、思い切って値札を変えることも必要である。

どっひー &sing


「好きを諦めない働き方を見つける」
キャリア選択前のはじめの一歩
『ジブンノシゴトのつくり方教室』
第4回:自分の仕事に値札をつけよう♪

日時:8月25日(土)13:30〜15:00
場所:アンドシングスクール大阪北浜校

お申込みは、こちら(こくちーずプロ)から。
https://www.kokuchpro.com/event/62b56b4dd0302ba10ac84685ab5fd8ed/290368/

いま、やってみたいことは何ですか?

アンドシング スクールの説明文を微修正しました。

昨日まで、

やってみたかったことをやってみる!

アンドシングスクールは、「いつかやってみたかったこと」を「いまからやってみる」ための学び場です。

と書いていました。

今日からは、

やってみたいことをやってみる!

アンドシングスクールは、「いま、やってみたいこと」を「いまからやってみる」ための学び場です。

に変えます。

理由は、「過去どうだったか?」に囚われず、「いま、どうしたいか?」だけに焦点を当てるためです。

「過去、何をしたかったのか?」「何ができなくて嫌だったのか?」はもはや関係ない。大切なのは「いま」から。

もちろん、「過去、やりたかったこと」=「いま、やってみたいこと」である可能性もある。だが、それは結果としてイコールになっただけ。必ずイコールになるわけではない。

過去のことは過去のこと。

大切なのは「いま」から。

人生、つねに現在進行形。

自分が変わるとすれば、それは必ず今日から。

あなたが、「いま、やってみたいこと」は何ですか?

アンドシングスクール

「自分の名刺づくり」は、「一歩先の自分づくり」

「自分の名刺をつくろう♪」をテーマにした『ジブンノシゴトのつくり方教室』第3回では、多彩なキャリアをお持ちである編集者のふっこ(藤嶋ひじり)さんをゲスト講師にお招きし、3名の方にご参加いただきました。

まずはふっこさんの自己紹介。情報発信のプロとして、セールスプロモーションのプロと一緒に作ってきた過去5枚の名刺をお見せいただきながら、名刺制作のポイントや、肩書きそのものを柔軟に作っていく方法を簡単にお伝えいただきました。

その後、名刺制作のポイントを押さえた質問を投げかけていただきながら、お一人お一人の要望をヒアリング。

  • 会社の名刺とは別に、個人での活動をうまく人に説明できるような名刺をつくりたい。でも会社には迷惑をかけたくない。

「会社に迷惑をかけず、かつ、活動の内容を人にわかってもらうためにはどういう肩書きをつけたらいいのか?」

  • これから本格化していく副業のための名刺をつくりたい。肩書きはすでに決まっているが、その仕事や職業に対する知名度がかなり低い。

「仕事の内容を人にわかってもらい、かつ、良い印象を持ってもらうには、どういうデザインにする(どこに何を書く)のがいいのか?」

  • プライベート用の名刺をつくって交友関係やチャンスを増やしていきたい。でも伝えたい想いや取り組んでいる活動が多岐にわたってまとまらない。

「いろんな想い、活動、アイデアを名刺に落とし込むには、どういう肩書きやデザインにすればいいのか?」

「自分の名刺づくり」に対する要望は人それぞれ。

それぞれの方の要望がわかったところで、講師のふっこさんとともに参加者全員が一緒になって、お互いの肩書きを考えたり、デザインを考えたり。それを参考にしながら自分の考えを深めたり、発展させたり。気が付いたら、参加者の方が講師みたいになっていたりして。三人寄れば文殊の知恵じゃないですが、なかなか良いアイデアがたくさん生まれて来ました。

その結果、それぞれの方オリジナルとなる「新しい肩書き」や「仕事の効果効能を訴求するキャッチコピー」や「想いや活動を色や形で伝えるためのデザイン」ができあがりました。

講座内での自分の名刺づくりは、紙やホワイトボードに名刺のラフ案を描くところまででしたが、教室の中は「すでにお互いの一歩先の活動が始まっている」かのような雰囲気で大いに盛り上がっていました。

これから実際に名刺が作成・印刷され、新たな活動が開始されることになるかと思うとすごくワクワクします。

参加者の皆さん、ゲスト講師のふっこさん、どうもお疲れ様でした!

新しい名刺が出来上がるのを楽しみにしています♪

「自分の名刺づくり」や「一歩先の自分づくり」

時には対話を通じてつくってみませんか?


「好きを諦めない働き方を見つける」
キャリア選択前のはじめの一歩
『ジブンノシゴトのつくり方教室』
第4回:自分の仕事に値札をつけよう♪

日時:8月25日(土)13:30〜15:00
場所:アンドシングスクール大阪北浜校

お申込みは、こちら(こくちーずプロ)から。
https://www.kokuchpro.com/event/62b56b4dd0302ba10ac84685ab5fd8ed/290368/

シンガーソングライター教室から新しい歌が聴こえて来ました!

昨日のシンガーソングライター教室では、なんと3名もの方が自作の曲を披露してくださいました!

1人目の方は、旅立つ友人に贈る応援ミニソングを。友人の送別会がこの7月にあり、そこでサプライズプレゼントとして歌った曲のデモ動画を披露してくださいました。きっかけは、仲間内で「いまミニソングづくりを習っている」と言った(言ってしまった)こと。仕事で忙しい中、勢いで作詞・作曲。友人の目の前で、仲間のクラリネットを伴奏に歌をプレゼントしたとのこと。「自作の歌を人前で披露するのは初めてだった」そうです。

2人目の方は、看護士になった妹に贈る応援ミニソングを。前回第2回講座の時に出来たワンフレーズと曲のイメージをもとに、第3回では歌詞とメロディーの完成に挑戦。講座時間中に歌詞を書き上げ、その場でiPhoneのボイスメモに歌入れ。伴奏はなくアカペラで。参加者全員が見守る(聴き守る)中、現在進行形で教室の中に新たな歌が流れて来ました。「楽譜は読めず、楽器も弾けないけど、伴奏をつけて、ピアノも弾けるようになって、妹に歌を贈りたい」そうです。

3人目の方は、大好きな飲料への想いを込めたミニソングを。題材は、とあるコンビニで買えるとある飲料。秘密のfacebook上では「完成しました!」との知らせを聞いていたものの、実際には(ある一人の方を除いて)誰も聴いたことがなかった幻の曲。今回、講座終了後に、ロールピアノ弾き語りで歌を披露してくださいました。以前ある人に初めて歌を披露した時には、「恥かし過ぎ!でも吹っ切れました!」と思ったそうです。

昨日の講座終了後、講師のyu-kaさんから、こんなコメントをいただきました。

今日は3名の方が、自身で作られた曲を披露してくださった♬

聴いていて、ジーンとしたり、可愛くて心が躍ったりする。素敵な歌詞でした。こんな幸せありますかね…✨

不慣れな部分が多いですがもっとサポートできるように頑張ります🎹

yu-kaさんのシンガーソングライター教室(超入門)は、自作の曲づくりへのハードルを下げてくれます。またそれ以上に、自作の曲を披露することへのハードルをぐっと下げてくれます。

ぜひ一度、yu-kaさんのシンガーソングライター教室(超入門)を体験しに来てみてください。

もしかしたら、あなたも初めて自作の曲をつくれちゃうかも♪


「よめない ひけない うたえない」三重苦でも大丈夫!
ワンフレーズから始めるミニソングづくり
『シンガーソングライター教室(超入門)』
第4回:自己紹介ミニソングをつくろう♪

日時 :8月25日(土)16:00〜17:30
場所:アンドシングスクール大阪北浜校

お申込みは、こちら(こくちーずプロ)から。
https://www.kokuchpro.com/event/391629ac3667472ed7d63a67d025765f/290231/

昨日までと今日は違う。

今日、自分のオリジナルソングが出来上がるかもしれない!

昨日まで一曲もなかったけど。

今日、自分のオリジナル名刺が出来上がるかもしれない!

昨日まで一枚もなかったけど。

別に自分オリジナルじゃなくてもいい。

今日、はじめてカレーをつくれるかもしれない!

昨日まで一回もつくったことがなかったけど。

今日、はじめてボタンつけができるかもしれない!

昨日まで一個もつけたことがなかったけど。

今日、はじめてアイロンがけができるかもしれない!

今日、はじめて笑顔で挨拶できるかもしれない!

今日、はじめて心から笑えるかもしれない!

いつだって、はじまりがある。

昨日までと今日は違う。

今日が一番若い。

今日、何かをはじめてみよう!

自分の好きを仕事にするための「お金」の話

自分の好きを仕事にする。

そのために、絶対に避けられないのが「お金」の話である。

①好きなこと、やりたいことをやって
②それが仕事になって(=お金をもらえて)
③その収入で自分の生活が回る(=家計収支がプラスになる)

この条件を「自分が頑張れば、なんとか実現できそうだ!」と思えていることが、「自分の好きを仕事にするための一歩を踏み出す」ために非常に重要になる。

好きなこと、やりたいことをやって、仮にそれが仕事になったとしても、「その収入では自分の生活は回らなそうだ」と思っている限り、新たな一歩を踏み出すことはない。

一方で、好きなこと、やりたいことで「自分の生活が回るだけの収入を得られる仕事はないか?」と辺りをキョロキョロと見回したところで、そんな「おいしい」仕事は見つからない。

すでに誰かがやっている「おいしそうな」仕事はあるかもしれないが、自分にとって「おいしい」仕事はない。なぜならば、自分はまだその仕事をしていないからだ。

このジレンマを解消するためには、自分でその仕事をやり始めてみるしかない。実際にその仕事をやってみて、「自分ならどれくらいの収入を得られそうなのか?」を確認してみるしかない。

一方で、それをやり続けた先で「どういう状態になれば、自分の生活が回るだけの収入を得られるようになるのか?」をイメージしておく必要もある。闇雲に仕事をやり続けるだけでは、ゴールに到達しない可能性があるからだ。

そして、このイメージの基礎になるのは「自分の生活が回るために必要な収入はいくらなのか?」ということ。

さらにその前提になるのは「自分の生活が成り立つために“最低限”必要な支出はいくらなのか?」ということ。

「自分の好きを仕事にしたい!」と本気で思う方は、ぜひ次の質問に答えてみてください。

自分の生活が成り立つために“最低限”必要な支出はいくらですか?

この金額が少ない人ほど「自分の好きを仕事にするためのハードル」も低くなることはお分かりいただけると思います。

逆に言えば、この金額が高い人ほど「自分の好きを仕事にするためのハードル」も高くなるため、より早い時期から準備を始めることが大切になるのではないでしょうか?


ジブンノシゴトのつくり方教室「第3回:自分の名刺をつくろう♪」のご案内

どうなる台風12号?

今週末、「台風12号が28日から29日にかけて本州に接近、上陸する恐れがある」という。

隅田川花火大会、フジロックフェスティバル、はたまたポケモンGOのスペシャル・ウィークエンドなどの大型イベントの開催はどうなるのか?

また、大型イベントに限らず、夏休みということで外出予定の方も多数いらっしゃることと思います。

台風12号の今後の動き。とても気になりますね。

いったい、どうなることやら…

アンドシング スクールでも、28日に2つの講座を開催予定なので心配しております。

願わくば、進路が外れてくれると良いのですが。

皆さま、どうぞくれぐれもお気をつけくださいませ。