教えることは学ぶこと

学校には、教師と生徒がいる。
教師は教える人で、生徒は学ぶ人。

しかし実際には違う。

実は教える人が一番学んでいる。

「どうすれば、相手にわかってもらえるだろうか?」
「どうすれば、相手にできるようになってもらえるだろうか?」

教える人は、ずっとこの質問を掲げ続けている。
そしてその答えを探し続けている。

その過程で答え(らしきもの)を見つける。
そしてその答え(らしきもの)で教えてみる。

その結果、相手にわかってもらえることもある。
相手にできるようになってもらえることもある。

だが、必ずしもそうではない。
いや、むしろそうではないことの方が多いだろう。

相手にわかってもらえなかった…
相手にできるようになってもらえなかった…

「どうすれば、相手にわかってもらえるだろうか?」
「どうすれば、相手にできるようになってもらえるだろうか?」

教える人は、ずっとこの質問を掲げ続けている。
そしてその答えを探し続けている。

教えることは学ぶことである。
そして、誰もが誰かに何かを教えている。

親は子どもに対して。
上司は部下に対して。
教師は生徒に対して。

わかってもらおうとしている。
できるようになってもらおうとしている。

逆もまたしかり。

子どもは親に対して。
部下は上司に対して。
生徒は教師に対して。

わかってもらおうとしている。
できるようになってもらおうとしている。

人はみな、教える人であり、学ぶ人である。

相手にわかってもらおうとすること。
相手にできるようになってもらおうとすること。

その過程の中に、学びはある。

あなたが、誰かに教えたいことは何ですか?

わかってもらいたいこと、できるようになってもらいたいことは何ですか?

そこからどんなことを学んでいますか?

どっひー &sing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です