立場が人をつくる。だが、立場だけでは人はつくられない。

自ら考え、自ら行動する。

そのきっかけになるのは、責任ある立場に就くことである。

人は、子どもを持つと親になる。

親の立場になり、その責任を自覚すれば、自ずと子どものことを考えるようになる。子どもにとって良かれと思う行動を取るようになる。

人は、部下を持つと上司になる。

上司の立場になり、その責任を自覚すれば、自ずと部下のことを考えるようになる。部下にとって良かれと思う行動を取るようになる。

人は、生徒を持つと先生になる。

先生の立場になり、その責任を自覚すれば、自ずと生徒のことを考えるようになる。生徒にとって良かれと思う行動を取るようになる。

人は、顧客を持つと価値提供者になる。

価値提供者の立場になり、その責任を自覚すれば、自ずと顧客のことを考えるようになる。顧客にとって良かれと思われる行動を取るようになる。

自ら考え、自ら行動する。

そのきっかけを得たければ、責任ある立場に就くことだ。

そして、責任ある立場に就くことは、いますぐにできる。

なぜならば、どんな立場にも責任があるからだ。

親であっても、子どもであっても。

上司であっても、部下であっても。

先生であっても、生徒であっても。

価値提供者であっても、顧客であっても。

他人であっても、自分であっても。

それぞれの立場に、それぞれの責任がある。

もちろん、立場により責任の軽重はある。

相手に及ぼす影響力が相対的に強い立場の方が責任は重い。

だが、そうでない立場の方にも責任はある。

立場が人をつくるのではない。

責任の自覚が人をつくるのである。

自ら考え、自ら行動する。

その自由を得たければ、責任ある立場に就くことだ。

いま自分が置かれている立場の責任を自覚することだ。

どっひー &sing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です