はじめてのチラシ配り

昨日の学ぶログを書いた後、一人で『シンガーソングライター教室(超入門)』のチラシを配ってみた。

場所はアンドシングスクール大阪北浜校の周辺である。

実際に、一人でチラシ配りをしてみると、いろいろと感じることがあった。

チラシ配りに限らず、実際に行動してみることって大切だなぁ、と今更ながら思った。

今日は、ささやかながら、「はじめてのおつかい」ならぬ「はじめてのチラシ配り」からの学びを書いてみる。

ただ、まだ申し込みは一件もないので、成功談ではなく、ただの体験談である。

それでも何かの役に立てばと思い、ここに書き記しておく。

【一人チラシ配りで感じたこと】

1. 意外と人は周りにたくさんいる

2. はじめの一人がめっちゃ緊張する

3. 一人受け取ってもらえるとやる気がでる

4. 対面なので反応がわかりやすい

5. 意外と受け取ってくれる人は多い

6. 拒否されると一瞬傷つくが受け取ってくれる人がいたら立ち直れる

7. 歩いている人よりも立ち止まっている人の方が受け取ってくれる確率が高い

8. シンガーソングライター教室に興味を持ってくれる人は学生時代に音楽をやっていた人が多い

9. いくら会話が弾んでも申し込んでもらえないと成果にはならない

10. 大きなビジョンは大切だが、小さな行動と成果がなければ何も変わらない

11. 素直に頭を下げてお願いすることは大切

ってことで、今日もチラシを配ってみる。

一人申し込んでもらえると俄然やる気が出るだろうなぁー

それにしても、キャッチセールスの人ってすごいんだなぁと今更ながら感心。

いままで声をかけられても無下に断っていたけど、その誘い方や話術に学ぶところはあるな。

どっひー &sing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です