はじめの一歩をどう踏み出すか?

昨日は、『はじめてのチラシ配り』について書いた。その中で、こう書いた。

はじめの一人がめっちゃ緊張する

結構さらっと書いているが、実は、めっちゃくちゃ緊張した。

はじめの一人にチラシを渡すまで、何度も何度も躊躇した。

どこでチラシを配ろうか、誰にチラシを渡そうか。そんなことを漠然と考えている時はいい。

「よし、ここで配ろう!」「この人に渡そう!」と意を決した途端に、不安になる。

「無視されたらどうしよう」「無下に断られたらどうしよう」なんてことを考えはじめてしまう。

そんなことを考えているうちに、その人は立ち去っていく。

少し残念で、少しホッとする。

そしてまた別の人がやってくる。

「今度こそ、この人にチラシを渡そう!」と意を決する。

だが、また想像してしまう。

「無視されるのではないか?」「無下に断られるのではないか?」なんてことを考えはじめてしまう。

「オレはやるぞ!」との意気込みは大したものだが、いざ目の前に人が来ると意気消沈してしまう。

まさに大言壮語。

口だけ番長。

私は、何度も何度もため息をついた。

「オレ、アカンわぁー」って、自分で自分に幻滅した。

正直に言う。

はじめてのチラシ配りの日。

しばらく一つ所に佇みながら、何の行動も起こせずにいた。

そして私は、一瞬こう考えた。

「いまは止めておこう。また後にしよう」

もちろん、もっともらしい理由も出てきた。

「いまは朝の通勤途中だ。こんな時間にお時間をいただくのは失礼だ」とか。

「朝よりも昼の方が、休憩中だからチラシを受け取ってもらいやすいだろう。話も聞いてもらいやすいだろう」とか。

「一人でやるより、他の人にも手伝ってもらった方が効果的だろう」とか。

だが、所詮は言い訳だった。

私は自分でわかっていた。

ただ単に、「怖い」のだ、と。

無視されること、断られること、バカにされることが怖いのだ。

ただのチラシ配りなのに。

ものすごい自意識過剰。

そして私はこう思った。

このまま帰ったら、オレは一生、一人チラシ配りのできない人間になってしまう

チラシ一枚配れない人間が、次世代リーダー輩出!なんてことを言えるか?

それこそ笑いもんやん!

チラシを配って笑われるのと、本当に自分がやりたいことをやれずに笑われること。

どちらが恥ずかしいのか。

どちらが情けないのか。

考えるまでもなかった。

そして、私ははじめの一人に声をかけた。

「あの〜、すみません。チラシをもらってくれませんか?」と。

いま思い出すと、ほんとうに情けない一言。

「こんにちは」の挨拶すら忘れていたかもしれない。

でも、その人は快くチラシを受け取ってくれた。

たかがチラシ配り。

されどチラシ配り。

はじめの一歩を踏み出す鍵は、「ただそこから逃げないこと」だけなのかもしれない。

昨日はチラシ配り2日目だった。

いまだ申し込みに繋がるような成果はない。

今日も逃げずにチラシを配るのみ。

止めることなら、いつだってできる!

どっひー &sing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です