可能性はつぶすことで広がる

好きな人がいて、いつまでも告白しなければ、淡い夢を見続けることができる。

「いつかこの人と付き合えるかもしれない」という淡い夢。

だが、告白しない限り、その人と付き合うことはない。

淡い夢が現実になることは一生ない。

一方で、告白したら、フラれるかもしれない。

淡い夢は、無残にも砕け散ってしまうかもしれない。

だが、その時はその時。

淡い夢から目覚めることで、新しい人に出会えるようになる。

新しい可能性が広がる。それもグワッと大きく広がる。

これは恋愛であれ、仕事であれ、趣味であれ、同じことである。

やらないことで残り続けている可能性は、可能性ではない。

可能性のゾンビに過ぎない。

やり残すことは、可能性を生き埋めにすること。

可能性は、実行するからこその「可能」性である。

可能性は、実行することでつぶれる。

その結果が良いか悪いかは関係ない。

サイコロを振る前には、1〜6までの目が出る可能性がある。

サイコロを振ってしまったら、出た目は一つしかない。

だがサイコロを振ることで、新しいマスを進むことができる。

次のマスに進んだら、また新しいサイコロを振ることができる。

可能性はつぶすことで広がる。

最悪なのは、可能性をつぶさずに残し続けることだ。

自分を「可能性のゾンビ」の中に埋もれさせることだ。

可能性はつぶすことで広がる。

いまある可能性をしっかりとつぶすことだ。

好きな人がいるなら「告白」することだ。

やりたいことがあるなら「やる」ことだ。

イケてない自分と向き合うことだ。

どっひー &sing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です