『一日一職』プロジェクト!

職業選択に関して、こんな声を聞く。

「私、いまの職業には向いていないんじゃないか?」

「うちの子、どんな職業に向いているんだろう?」

「そもそも就職や転職に際して、世の中にどんな職業があるのかを知らなさすぎる」

「子どもがいろんな職業のことを具体的に知る機会がない」

「大人も職業のことを知らない。大学卒業後の職業選びは、会社選びになってしまっている」

「世の中には、もっといろんな職業があることを知るべきじゃないのか?」

などなど。

じゃあ、いろんな職業のことを知る機会をつくってみようじゃないか!

いろんな職業の人に出会う機会をつくってみようじゃないか!

ということで、7月は、一日一食ならぬ、『一日一職』プロジェクトをやってみよう!と考えています。

毎日いろんな職業の人に会いに行って働く姿を見せてもらって話を聞いて出来たら仕事を体験させてもらって。それ自体を講座にできたらいいな、と。

その仕事の醍醐味、喜び、気持ち良さ。辛さ、苦しさ、大変さ。その職業へ至るまでの道筋。助けてくれた人、助けてあげた人。身につけてきたもの。捨ててきたもの。その職業を目指している人たちに伝えたいこと。いま頑張るべきことなど。そんなことを聞いてみたい。

これを7月中に出来たら、8月には子どもたちを集めて「いろんな職業の人たちに話しを聞いてみようサマースクール」みたいなのを開催したい。

まずは私の知人のツテを頼って、最悪、参加者ゼロでもいいからスタートしてみたい。

もし『一日一職』プロジェクトに共感していただける方がいらっしゃれば、ぜひ一緒にいろんな職業の人を訪問していきたい。

訪問したら、それを記事にもしていきたい。

『一日一職』を31日間続けさえすれば、31人、31職の記事が出来上がる。

もし一人で複数の職業をお持ちの方がいらっしゃれば、31職以上になる。

できたら、子どもや学生にインタビュアーになって欲しい。厳密にはインタビューだけでなく、体験を含むから、特派員とかフィールドリサーチャーだろうか。

いずれにせよ、大人の先入観に囚われてしまわないように、子どもや学生の目や耳や肌を通してその職業を感じてもらいたい。そこで見て聞いて感じたことを素直に記事にして欲しい。そしてそれを他の子どもや大人にも読んでもらえるものにしたい。

将来、AIやロボットなどの普及でたくさんの職業が失われる、などと言われる。

ダイヤモンドオンラインの記事によると、「機械に奪われそうな仕事」の1位は小売店販売員、2位は会計士、3位は一般事務員とある。

しかしながら一方で、いま実際にその職業に就いている人がいる。

その人たちは決して手をこまねいている訳ではない。座して死を待つはずがない。必ず「変化しよう」と試みているはずだ。

  • その人は、いま何をしているのか?
  • いまどんな未来を見ているのか?
  • そのためにいま何をしているのか?
  • いま何がうまくいって、何がうまくいかなくなっているのか?
  • いま何が必要で、何に困っているのか?
  • 他のどんな職業の人たちと、どんな協力関係を築こうとしているのか?
  • どう変化しようとしているのか?
  • 何を新たに身に付けようとしているのか?

いろんな職業の人たちのリアルな姿やその人たちが実地で試行錯誤していること。

そんなことがわかれば、子どもたちは、親世代の先入観に囚われず、自分の目と耳と肌を通して、職業や進路を選択できるようになるのではないだろうか?

自分の好きを仕事にするためのリアルな情報を得られるのではないだろうか?

また、私自身を含めた大人も、これまでの先入観を捨てて、いま就いている職業の素晴らしさを再発見したり、未来に向けた職業変化の方向性を見定めたり、他の職業との協力関係を築きはじめるきっかけを得られるのではないだろうか?

ということで、7月は『一日一職』プロジェクト!を実行したいと思っています。

つきましては、

  • 職場訪問にご協力いただける方
  • 職場訪問にご同行いただける方
  • 職場訪問の記事を書いていただける方
  • プロジェクトの企画・運営にご協力いただける方
  • その他、「こんなことならできるよー」と言っていただける方

アンドシングの土肥(どひ)までご連絡をいただけますと幸いです。

また、もしよろしければ、今週6月23日(土)13:30から北浜で開催する『ジブンノシゴトのつくり方』教室にお越しいただければ嬉しいです。

受講料3000円、私の本を持参いただければ2000円とご案内していますが、もう僕の本とかどうでもいいです。

「この記事を見て来たよ〜♪」と言っていただければ、受講料2000円にします。

『ジブンノシゴトのつくり方』第2回のテーマは、「自分の好きを職業に転換しよう♪」ですので、お互いの気になる職業を出し合って、「7月にその職業の人に会いに行こう!」となれば、そこから(そこで)アポを取って実際に会いに行けたらいいな〜、なんて思っています。

あとは、昔懐かし『笑っていいとも!』のテレホンショッキング方式。ある日ある場所でお会いした職業の方から別の職業の方をご紹介いただき、31日間かけて累計31人、31職以上の方々にお会いすることで、『一日一職』を実現したい!と思っています。

もちろん、先の講座にお越しいただかなくても、ご協力いただける方がいらっしゃれば、個別にご連絡ください!

ぜひ一緒に『一日一職』プロジェクトを完走できたらいいな〜、と思っています。

よろしくお願いいたします!

土肥卓哉(どっひー) &sing

*『ジブンノシゴトのつくり方』教室のご案内はコチラです。
https://www.kokuchpro.com/event/62b56b4dd0302ba10ac84685ab5fd8ed/290365/

“『一日一職』プロジェクト!” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です