欠けているからこそ

「何かが欠けている」

そう感じた時、人は「欠けているものを埋めたい」と願う。

まるで欠けた月を見る時のように。

「欠けている」と感じるということは、「満ちている」状態をイメージしているということ。

満月を見たことがあるからこそ、それ以外の月が欠けて見える。

だが実は、月は欠けていない。

月が欠けているように見えるのは、太陽の光が当たっていないから。

月は欠けていない。

つねに満ちている。

人も欠けていない。

つねに満ちている。

「何かが欠けている」

そう感じるのは、光が当たっていないから。

人は、自ら輝くことはできない。

自分に光を当てることもできない。

他者に光を当てることしかできない。

人は、お互いに光を当てあうことしかできない。

それは悲しい現実である。

人は、お互いに光を当てあうことならできる。

それは喜ばしい真実である。

自分がそうして欲しいと思うことは、何よりもまず他人にそうしてあげることだ

〜『思考は現実化する』ナポレオン・ヒル〜

どっひー &sing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です